奥社(おくしゃ)・九頭龍社(くずりゅうしゃ)戸隠神社の駐車場マップ

五社からなる戸隠神社の中で、これぞ戸隠神社と連想されるのが奥社・九頭龍社です。

奥社【戸隠神社】の見所など参拝情報はこちら

九頭龍社【戸隠神社】の見所など参拝情報はこちら

 

奥社・九頭龍社付近の駐車場マップ

奥社と九頭龍社は並んでいるのですが、そこにたどり着くためには長い山道参道を歩きながら向かう必要があります。車での進入はできません。車は奥社入口にある駐車場に停めていくことになります。

奥社入口には、無料駐車場と有料駐車場の2つがあります。

奥社・九頭龍社の無料駐車場の写真

奥社入口にある無料駐車場は、道路の路側帯に車を置くというイメージです。

奥社・九頭龍社の無料駐車場

奥社・九頭龍社の無料駐車場

奥社入口にある大鳥居の反対側が無料駐車場となっています。およそ50台ほど駐車することができます。(上の写真は撮影の角度が違うので誤解してしまうかもしれませんが、無料駐車場は道路の一片側のみです。両側にはありませんので注意してください。)

雪の季節になると白線が見えず、また、雪が邪魔になるために車の停め方が大雑把になります。そのため、雪の期間には、半数程度にまで駐車台数は減るイメージです。(なお、冬期の中でも雪が多い時期には奥社は閉鎖されて参拝することができません)

奥社・九頭龍社の無料駐車場の特徴は、回転率が悪いので待っていても空くかどうかが分からず、極めて運の要素が強いということです。無料駐車場(奥社入口)から奥社までは、徒歩でしか行き着けないのですが、片道2キロほどの距離があります。徒歩で片道40分、早い人でも往復で1時間はかかるという計算ですので、駐車場の出入りは緩やかになります。

奥社入口の無料駐車場は時間に関係なく駐車することが可能です。

奥社・九頭龍社の有料駐車場の写真

奥社入口にある有料駐車場は、無料駐車場の真向かいになります。(近年、整備された駐車場であるため、舗装されており、大型の駐車場となっています)

奥社・九頭龍社の有料駐車場

奥社・九頭龍社の有料駐車場

奥社・九頭龍社の有料駐車場

奥社・九頭龍社の有料駐車場

この立て札は、有料駐車場付近に設置されていたものです。【現在地」と朱書きしてある下に「奥社入口駐車場」とありますが、これが有料駐車場になります。また、右側には「参拝者専用駐車場」とありますが、これが無料駐車場です。一応、駐車場の名前が付けられているようですが、有料か無料かの違いのみとなります。

有料駐車場(戸隠神社奥社入口有料駐車場)の料金は、
・軽、普通車 600円
・二輪車 300円
・マイクロバス 1,100円
・大型、中型車 2,200円
となっています。中社の有料駐車場よりは金額が高くなっています。

この「戸隠神社奥社入口有料駐車場」の営業期間は4月~11月下旬で、それ以降は閉鎖されています。また、営業時間は8時から16時ですが、繁忙期には時間が変更されます。
大型車(観光バス等)の駐車は予約することができます。予約・問合せは、戸隠観光案内所:026-254-2888(10時~16時)へ。

かなり広い駐車場ですが、満車になることもあります。

奥社・九頭龍社の駐車場情報

奥社・九頭龍社の有料駐車場

上の写真で、左側が無料駐車場。右側が有料駐車場です。現地で様子を見ていると、どちらも有料だと思っている人が多いようでした。確かにややこしいというか分かりにくいですね。

現地に行って無料駐車場(参拝者専用駐車場)が空いていればさっさとそこに駐車しましょう。そして、空きがない場合には、待っていてもいつ空くのかが分からないため、有料駐車場(奥社入口駐車場)を使うのが良いのではないでしょうか。

中社の駐車場も比較的大きいので、そこに車を停めて奥社入口まで歩いてくるという方法もありますが、中社と奥社入口は2キロほどあります。この距離を歩いてから、さらに奥社までの山道参道を2キロ歩くというのはよほど足腰に自信があり、そして、時間がある人でないと難しいといえます。

多くの人は、五社を参拝する際に宝光社からというケースが多いようです。ですので、奥社・九頭龍社は最後になるんですね。戸隠は1年を通して日が落ちるのは早く、気温も低めですので、最初に奥社・九頭龍社を参拝するという方法もおすすめです。早い時間であれば、無料も有料もどちらも駐車場がいっぱい、ということはないと思います。

 

 

 

Page top icon